話もくそもないですよ 215/45R18 93W XL BRIDGESTONE ブリヂストン Playz PX-RV プレイズ PX-RV weds LEONIS NAVIA 02 ウエッズ レオニス ナヴィア 02 サマータイヤホイール4本セット。ただ、まとめるだけ KENDA ケンダ KOMET PLUS KR23 サマータイヤ 195/55R15 MANARAY Euro Speed C-07 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +45 5穴 114.3。思考をアウトプットするだけです。
BGMは岸田教団さんの『真空のメランコリー』で。畳み掛ける勢いがたまりません。


berry擬回転
三方両錐形から正方錐形異性体になり、三方両錐形になることでアキシャル位にある原子を正方錐型エクアトル位に持っていける。
配置に寄るエネルギーの変化が少ない場合はこれが可能になる。

この、擬回転って言葉がビビっときます。さらにBerry.これも胸の奥の本能が擽られる。
英語だとBerry pseudorotation: BPR
さらに格好いい。


存在比には偶奇性がある。その理由は、偶数のほうが奇数よりも安定しているから 【送料無料】 185/70R14 14インチ BRANDLE ブランドル M71BP 5.5J 5.50-14 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット。
核反応では質量の和と電荷の和が保存される。
核結合エネルギーは大きければ大きいほど核が安定である。最も安定な核はFe.それ以降はゆったりと下降していく。
典型元素は第二~第三周期の1-17族の元素のこと。
遷移元素は3-11族のこと。
その他は主要族元素。

電子、陽子、中性子のスピンは1/2

Born解釈では、波動関数の二乗が確率密度を示す。
電子殻には副殻があり、副殻には軌道がある。

主量子数:n
軌道のエネルギー状態を決める。電子殻を表すとも言える。n値が小さいほどエネルギーは低い。実用的限界は7。
1ならK殻、2ならL殻といったように。

副量子数(方位量子数):l(エル)
軌道の副殻を表す。軌道に入る電子の角運動量(mv*r)を決める。
l=0ならs軌道。1ならp軌道といったように 【送料無料】 265/65R17インチ サマータイヤ ホイール 4本セット MONSTA TYRES TERRAIN GRIPPER ホワイトレター MLJ エクストリームJ XJ04 グロスブラックマシーン/スモーククリア 8.0J 6H139.7。
l=0,1,2,...(n-1)まで取りうる。

磁気量子数:m
原子が磁場にさらされたときの電子エネルギーに関連する。
とりうる値は、
m=+l,+(l-1),...0...-(l-1),-l
となる。
同じlの値をもつ軌道は等しいエネルギーを持つ。

スピン量子数:s
s=1/2 or -1/2
のどちらか。正ならば時計(右)回り。負ならば反時計(左)回り。

動径波動関数と動径分布関数は、知らん。
動径分布関数の方は、動径波動関数を複素平方したものだそうだ。
このサイトを参考に。

有効核電荷数:実際に引き寄せる力。
陽子数やクーロン力の違いによって原子半径は決まる。

組み立て原理:
軌道関数のエネルギーが低い順番から電子が入る。


順番は1s→2s→2p→3s→3p→4s→3dのように続いていく。4sや3dは、軌道の状態によってエネルギーの状態が変わるので注意。
例えばCrでは、[4s]^2 [3d]^4ではなく[4s]^1[3d]^5である。
これは、3d軌道が5個で閉殻することと、電子の相互作用によって3dのエネルギー準位が下がったことに寄る。

パウリの排他原理:
一つの原子軌道には最大二個の電子が入る。
2電子入る時は電子のスピンは対になる。

フントの規則:
同じエネルギーを持つ縮重軌道に電子が入るとき、どれかに2電子入る前にそれぞれの軌道に1電子ずつ入る。
で、平行スピンである。

イオン化エネルギー:
最も安定な状態(基底状態)にある原子or原子団から電子を1個、無限遠にまでひき離して、陽イオンを生成するのに必要なエネルギーのこと。
エネルギーの単位を電子ボルト:eVとすると、イオン化ポテンシャルとも呼べるようになる。
大きさは『最外殻の電子配置』と『有効核電荷』によって支配される。
一般に周期表の左下に行けばいくほど値は小さくなる。

電子親和力:
原子が電子を引きよせて陰イオンになる能力の尺度。
転じて、真空中で原子が1個の原子と結合して陰イオン化するときに放出されるエネルギーのこと。
すでにオクテット則を満たす希ガスや、アルカリ土類金属(s殻が満たされている)では負の値を取る。

電気陰性度:
化学結合状態にある原子が、その原子の結合に関与している電子を引きつける度合いを表す尺度。
ボーリングとマリケンが互いに値を主張している。相互に変換は可能。

マーデルングの規則
複数の電子があると、電子同士の相互作用により軌道エネルギーが変わり、方位量子数にも依存するようになる。

第六周期で性質が似ている(ランタノイドor希土類元素)のは、4f軌道が6sや5dよりも内側にあり、「外側の電子の存在確率分布がほぼ変わらない」からだ。

Tc(テクネチウム)は天然には存在しない 235/60R18 NITTO ニットー NT421Q NT421Q WEDS LEONIS CH ウェッズ レオニス CH サマータイヤホイール4本セット。

ランタノイド収縮:
fブロック内にある元素の原子半径が原子番号増加とともに減ること。

配位結合すると電子雲が広げられるので、イオン半径は広くなる。

原子=原子核と電子

最外殻の電子→価電子

共鳴
1.分子中の結合性質を平均化する
2.共鳴混成体構造のエネルギーは個々の構造よりも低い

形式電荷:f
価電子数:V
孤立電子対数:L
共有電子数:P
f=V-L-(1/2)P

超原子価:
オクテット則を外れている原子価
原子価殻に電子が8個以上ある原子を含む化合物を超原子価化合物という。

van der Waals半径:
結合していない原子が接近できる半径のこと。

共有結合半径:
気体なら、赤外線やマイクロ波分光法
個体ならX線結晶構造解析
イオン半径と同様の変化を示す

結合エンタルピー:
化学結合の強さ
平均結合エンタルピーは下に行くほど小さくなる
が、族の一番上の元素は原則、第三周期元素よりも小さな値

VSEPRモデル(原子価殻電子対反発モデル)
相互の反発を最小にするため、できる限り離れる。

LP LP >LP BP> BP BP

結合性軌道と反結合性軌道
前者に電子が入ると結合は強まり、後者に入ると弱まる

原子軌道間の位相が揃うと結合性軌道
反転すると反結合性軌道

結合性軌道の間には電子密度があり、電子が溜まる
反結合性軌道の間にはない。

σ結合:
2電子間の結合軸に対し、円筒対称型に電子が広まる結合

π結合:
垂直に電子が広まる結合
節面がある

B-Nまではπの結合性軌道の方が低い
O以降はσの結合性軌道の方が低い
つまり、B-Nまでは二つの原子軌道が低い位置にある。
反結合性軌道は、σ*が高いのは確定。

σ(2p)軌道のエネルギー準位が右にいくに連れて下がるのは、
結合軸方向に伸びる2p軌道が相手原子の2s軌道と相互作用して安定化されるため。
(正しいかは分からないのですが、僕の考えでは、π軌道で結合していくことで原子同士が近づいてゆき、そのためσ結合をしやすくなるからでは?と。)

結合次数:P
P=((結合性軌道の電子数)-(反結合性軌道の電子数))

ex)酸素分子では、(6-2)/2=2
炭素原子では、(4-0)/2=2

・分子軌道の対称性
反転操作:
分子内の任意の点から分子中心に向かって進み、そこから同じ距離だけ向こう側に進む操作のことをいう。
反転しても軌道の符号が変わらない分子軌道をg
符号が変わる軌道をuで表す。
(ドイツ語でgerade "偶"
ungerade "奇")
あくまでも対称性を示すものて、結合性・反結合性とは対応しない。

ex)σはg、σ*はu
πはu、π*はg

昇位:
軌道の電子を他の軌道に移すこと


混成
軌道を混ぜ合わせること。
等価になる。

規格化
原子軌道の係数の二乗を合計すると1になる

直行化
異なる原子軌道の係数をかけあわせると0になる 。

錯体(錯イオン、配位化合物):
中心金属を配位子(ligand)が取り囲んだもの。

【店舗塗装サービス】【ムゲン】シャトル SHUTTLE 【 2015年5月- 】 フロントスポーツグリル SHUTTLE FRONT SPORTS GRILLE 《適合: GP7-100 GP8-100 》



配位子:単独でも安定な分子やイオンで、金属に配位するもの

配位結合
結合生成に関して、A原子が2電子を供与し、B原子は電子を供与しないでできるA-B間の結合

共有結合
原子が一電子ずつを分け与えて共有してできる結合

構造を決める要因
1.中心金属の大きさ
大きいと高配位数
2.配位子の大きさ
小さいと高配位数
3.d電子数が少ない金属
→配位子を受け入れやすい→高配位数

Berry擬回転
三方両錐形から正方錐形異性体になり、三方両錐形になる

キレート
金属原子を含む環がある錯体

cis,trans,mer,fac
mer:子午線
fac:顔

配位子場分裂パラメータ:Δ0
球対称環境から八面体結晶場になった時に縮退した軌道のエネルギー間隔

配位子場安定化エネルギー
LFSE=-(-0.4x+0.6y)Δ0
この値の分、安定化する

低、高スピン錯体
平行なスピンの数によって決まる
少ないと低、多いと高

強い錯体、弱い錯体
Δ0の値が大きいと強く、小さいと弱い