【M's】トヨタ プリウス 30系 後期 (2009/05-2015/12) ROJAM VERDE リアセンターアタッチメント//ZVW30 FRP ロジャム ヴェルデ エアロ エアロパーツ ディフューザー TOYOTA PRIUS 30 プリウス30 30プリウス 30後期 23-rca-pr30 23rcapr30

Trenčín旅行記の続きです。

お城を後にして下りながら、ふと目を右手にやると猫が歩いていました。

にゃーにゃー呼びかけながら後を追っていくと、


別の猫がいました。草の所にいるのですが、この写真だと分かりにくいですかね~。


旅先で猫に遭遇できるのって、なんだかとっても嬉しい。

日本に帰った時、一か月いたのに滞在中全く猫に会えなかったんですよ。


プリウス30 ディフューザー 30 リアセンターアタッチメント//ZVW30 23rcapr30 30プリウス エアロパーツ ロジャム 後期 FRP VERDE TOYOTA 30系 PRIUS 30 23-rca-pr30 【M's】トヨタ ヴェルデ (2009/05-2015/12) ROJAM FRP 30後期 プリウス エアロ

階段回廊を降りて町の方へ下る前に、城へ登る前に見つけて、気になっていた場所へ寄りました オグラクラッチ 409メタルシングル スタンダードタイプ ダンパー付 SEタイプ クレスタ JZX90 1JZ-GTE 送料無料。

ローマカトリックの教会です。

中には誰もいないようだったので、こっそり入って静かに写真を撮りました。


装飾に金色があちこち使われていて、写真で見るよりももっと華やかに彩られた教会です SP武川 メインシャフト 13T DREAM50 (23212-GCR-T00)【smtb-s】。

ローマカトリックだからなのかな?

日本のカトリックの教会って、もう少し控えめな装飾のような気がします。


柱、天井、どこを見ても美しいです。


【M's】トヨタ プリウス 30系 後期 (2009/05-2015/12) ROJAM VERDE リアセンターアタッチメント//ZVW30 FRP SCHNEDER ロジャム ヴェルデ エアロ エアロパーツ ディフューザー TOYOTA PRIUS 30 エコフォルム プリウス30 30プリウス 30後期 23-rca-pr30 23rcapr30

写真を撮っていたら、私たちの気配に気づいたのか、奥から神父さんが出てきて、

素早く撮影しようとしたけれど、うまく撮影できませんでした。

焦るほどピントがうまく合わず・・・実物はもっと美しい絵でした。

きれいに撮影出来てなくて本当に残念です・・・ 。


宗教画の持つ独特の美しさ、好きです。ずっと眺めていたくなります。

階段回廊を下って町へ戻ってきました。


寒い中、やっぱりオープンカフェに座っている人たちがいますね。


MILSYの看板に引き寄せされるがまま、お店の中へ。

MILSYはチーズブランドの名前です。だからお店はチーズ屋さん。

チーズが沢山~ 【リンクス LYNX】フロントリップスポイラーType-S 塗装済み 純正色単色 ホンダ N BOXカスタム などにお勧め 品番:LY-JF34-FS-####。見てるだけで幸せな気分になります。


家に着くまでまだしばらく時間がかかるので、

我慢して買わずに店を後にしました。


そして帰る前に、お城の中でガイドさんが言っていた、ローマ人が残した碑文を見てきました。

これは、ローマ帝国がこの地域に存在していたことを示すもので、ローマ軍が179年にドイツ系のクアディ族に勝利したことを記念したものだそうです。城の麓にあるこちら↓のホテルで見ることができます。

見るのは無料ですので、帰る前に是非見てみてください KYB ローファースポーツ フロント2本 [ミラアヴィ L250S 2002/12~ RS・R・X・L] カヤバ LowferSports ショートストロークショック 送料無料。このホテル、内装がとってもきれいで泊まってみたいな~と思いました。

私たちが言った時には、ガチョウとアヒル料理のフェアだったみたいです。


今回のトレンチーンへの旅行、思い切って行って良かったです。

天気に恵まれたのも良かった。

トレンチーン城はこれでこれでいいのですが、城内見学のトータルの満足感として考えると、数年前に訪れたボイニツェ城には少し劣るかなと思います。

ボイニツェ城は地下から塔まで色んな場所が回れ、城内の所蔵品にももっと華があって、城内ツアーがバラエティに富んでいるからです。

どちらも案内はスロヴァキア語のみなのですが、言葉が分からなくても、ボイニツェ城のほうが見ているだけでももっと楽しめる場所だなと思いました。

特色が正反対なので、どちらも城とはいえど同じ感覚で比較するのは難しいのですが。

これはあくまでも個人的な見解です。


スロヴァキアには沢山の城跡があるので、

これからも少しづつ巡って行けたらいいなと思ってます。


長くなりましたが、これにてトレンチーン旅行記はおしまいです。

お付き合いくださり有難うございました。