【標準送料無料】オートビューレット(茶ガロン瓶付)30BG茶【デジコレクション】


 >  > 【標準送料無料】オートビューレット(茶ガロン瓶付)30BG茶【デジコレクション】

ヒートシーラー HS-300

【標準送料無料】オートビューレット(茶ガロン瓶付)30BG茶【デジコレクション】 バーズアイ

公開日:

東南アジアの主要国タイの政治的混乱が止まらない。インラック首相が打った2014年2月の下院総選挙に、最大野党の民主党(アピシット党首)が「ボイコットする」と2013年12月に発表した。民主党の狙いは

①このまま選挙を行っても与党に勝てない
②民主党出身のステープ元副首相が2013年11月頃から活発化させている反政府デモに多くの支持者が同調している
③下院を召集するには総定員の95%が必要。5%程度ならば民主党のボイコットで空白化させられて、与党が勝っても召集さえできずインラック首相が窮地に陥る

あたり。これに対して議会制民主主義の観点(タイの政体)から疑問も投げかけられている

①→そういう理由でボイコットしていたら議会制民主主義が成立しない
②→ステープ元副首相は議会制民主主義を否定している
③→議会制民主主義の原則に照らして邪道である

そんなこんなを理解するには、一にかかって「タクシン」という人物を理解する必要がある。今の混乱も根本は「タクシン派vs反タクシン派」の構図にあるからだ。

●タクシンという人物
タクシン氏は官僚から、携帯電話やコンピュータなどを扱うIT(情報通信)産業で成功したビジネスマンだった。01年に首相の座につくと、経済の近代化を推し進め発展をなしとげ、トップダウンのスタイルは「タイのCEO(最高経営責任者)」と称された。

また予算を貧しい地方に重点的に配分するなど社会民主主義的な政策も取った。恩恵をこうむった北部、東北部の農村や都市部の貧しい人々に圧倒的な支持を受ける。有権者の数では多数派であり、ゆえにいまだタクシン派は選挙に強い。一方で野党民主党など、反タクシン派からはばらまき批判を浴びたが、地方は強く首相を支持した。反タクシン派は上流から中産階級の支持が中心で、カネと地位はあっても票が足りない。

トップダウン型ゆえに「将来的に王制を廃止して自らが大統領になる野望を抱いているといううわさ」がたったのかもしれない(06年9月20日毎日新聞東京夕刊)。こうした言動は国王を最高指揮官にいただく軍の怒りを静かに強めていった。

また根本的に誤ったのは、勢いに乗って見逃したか、手引きしたとみられる親族の不透明な株取引である。長男などの親族が通信会社株を2000億円以上売却して利益を得たにもかかわらず税を逃れたとして、反タクシン派が首相辞任を要求する大集会を開くなど不穏な動きがおこる アイスウォッチ ICE-WATCH アイスソリッドコレクション ビッグ グリーン SD.GN.B.P メンズ 腕時計・お取寄。

【標準送料無料】オートビューレット(茶ガロン瓶付)30BG茶【デジコレクション】 激安通販がおすすめ

【送料無料】DIESEL ディーゼル OVERFLOW オーバーフロー メンズ 腕時計 watch DZ4315 海外モデル カジュアル レザー 革ベルト 白 ホワイト アナログ 誕生日プレゼント 男性 クリスマス ギフト ブランド;ネックレス メンズ DAgDART 誕生石 合わせるとハート シルバーペンダント(メンズ)DT-489;【送料無料】エンゲージリング イニシャル ネーム A 婚約指輪 ピンクサファイア ダイヤモンド イエローゴールドk18 指輪 アルファベット 18金 レディース ピンキーリング 9月誕生石 人気 ファッション お返し

【標準送料無料】オートビューレット(茶ガロン瓶付)30BG茶【デジコレクション】;【Volcom PANTS メンズ カラー: ブラック】 b06xg2lr9d;名古屋帯 HANAE MORI 仕立て上がり 全通柄 ベージュ 花 ポリエステル なごや 洗える 帯 お太鼓 八寸;【Payaka】asana NEW ラグラン ロングスリーブ・草木染め(Tシャツ 長袖 麻 綿 綿麻100% レディース カットソー ロンT エスニック ファッション アジアン 無地 ベーシック 丸首 クルーネック ヘンプ コットン 麻混 ハワイアン 切りっぱなし 藍染);31 Sons de mode(トランテアン ソン ドゥ モード)【ブラウス】フロントフリルブラウス

YOKOHAMA ヨコハマ ice GUARD6 アイスガード ig60 スタッドレス スタッドレスタイヤ 195/60R16 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-54R ホイールセット 4本 16インチ 16 X 7 +52 5穴 114.3, ミシュラン プレミア LTX 235/55R18 マナレイ ユーロスピード V25 メタリックグレー, [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747D (PWHP) 19インチ×9.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:-3, 15インチ サマータイヤ セット【アコードワゴン(CM系)】WEDS ジョーカー マジック シルバー 6.0Jx15RADAR RPX800 195/65R15, JOB DESIGN セルシオ UCF30 前期 Hybrid NEO エアロ4点キット (F/S/R/RW) + マフラーカッター 塗装済み イザベル マラン ISABEL MARANT レディース アウター スーツ・ジャケット【Double-breasted linen-blend blazer】Anthracite

。これらを制する形で、タクシン首相が05年2月に与党タイ愛国党を率いて大勝利したばかりの下院を解散したのが06年2月。総選挙は4月上旬に行われ、野党有力3党が異例のボイコットをする姿勢を固めた。しかし当初タイ国民はボイコット戦術に極めて否定的で首相は選挙参加を呼びかけるなど余裕だった。

結果は与党が得票率57%を獲得して首相は続投を表明し、直後に退任すると覆した。プミポン国王(ラーマ9世)と会談した後の退任の弁だったので暗に国王の意向が働いたとみられる。

ところがこれで一件落着とはいかなかった。国王がさらに与党だけが占める国会のあり方を「民主主義ではない」と批判して、裁判所を巻き込んで選挙のやり直しをするとかしないとかの大騒ぎとなった。それでも一応11月再選挙の運びとなったが、野党ボイコット選挙の結果、5月にも開かれるはずだった議会での首相指名を受けないという形での退任を想定していたタクシン首相は、結果として議会自体が開催されないのを奇貨に居座る風となった。この当たりは今の情勢とソックリだ。

ここに至り行動を起こしたのが軍である。かねがね国王を軽視するような姿勢に加えてプミポン国王の暗黙の意向に逆らって地位にしがみついた。彼が出身母体の官僚を重用したのも気に入らない。東西を問わずと軍は仲が悪いのだ。

06年9月19日、軍はクーデターを起こしてタクシン首相を追放した。憲法は停止され、内閣も国会も効力を失った。代わりに軍を中心とした「民主改革評議会」が全権を握ると主導したソンティ陸軍司令官が発表した。

22日には国王がソンティ司令官を「民主改革評議会」議長と正式に承認。10月1日には軍の最高司令官だった経歴を持つスラリット枢密院議員を首相に任命して「民政移管」をした。

首都バンコクでの世論調査で84%が「クーデターを支持する」と回答したとの報道があったように、クーデターは無血なのはもちろん、笑顔でさえあった。国連総会出席のために渡米していたタクシン首相は留守を襲われた形にはなったが、それゆえに生命に危険は及ばなかった。以後事実上の亡命生活を送って今に至る セレクテッド コート レディース Selected wool double breasted midi length coat エイソス ASOS 送料無料 イギリス クレジットカードOK ブランド 日本未入荷 新作 人気 インポート 【並行輸入品】。

IT長者という今日風の出自でありながら古風なネポティズム(身びいき主義)に陥って失脚したのは皮肉であった。

●タクシン派vs反タクシン派の攻防
その後、新しい憲法制定と国民投票を経て下院の総選挙が行われた。勝ったのはやはりタクシン派で2008年2月、同派に担がれたサマック氏が首相になった。当然、反タクシン派は面白くなく、サマック首相がテレビの料理番組で「副業」していたと訴え、憲法裁判所が違憲と断じてしまった。サマック首相は就任前から料理が好きで豊富なうんちくを並べ立てながら自慢のレシピを公開し、結構人気があったらしい。

代わりに出てきたのがタクシン元首相の義理の弟。反タクシン派はやはりデモで対抗し、憲法裁判所は、今度は与党に選挙違反があったとしてタクシン派政党に解散を命じる。タクシン派が消えてしまったので、野党民主党が政権を奪い返してアピシット内閣が誕生した。今度はタクシン派のデモが盛んになる。

●憲法裁判所とタイ上院
タクシン派の首相を2人もクビに追い込み、政党まで解散させてしまった憲法裁判所とは上院が承認して国王が任命する。では上院はどうかというと半分を国民の選挙で、半分を国王の任命で占める。政党は参加できない。戦前の日本の貴族院に似ている ドンダップ シャツ ジャケット レディース【Dondup Pink Crepe & Tulle Laced Blouse】Nude。したがって憲法裁判所も上院も民意を正確に映し出すとは言い難く、どちらかというと上流から中産階級の保守的な人物が多い。それが結果的に反タクシン派の求めに同調する結論を下すようだ。

●インラック首相の登場
2011年7月の下院総選挙は、またまたタクシン派が勝利して、タクシン元首相の妹インラック氏が首相になった。反タクシン派はどうしても選挙に勝てないのだ。タクシン氏が追放されて以降、タクシン氏は義理の弟と実の妹を首相にしている。人気は根強い。タクシン派を除こうとする上院の全民選化(選挙で選べばタクシン派が勝つ)や、反タクシン派政権の時に政治犯となったタクシン派幹部や、その反対の構図で政治犯となった反タクシン派幹部をエイッとまとめて全部許す「恩赦法」成立を目指すも、上院の壁に阻まれ挫折。恩赦法は政治犯になっているタクシン氏の復権に道を開くと、猛反発した反タクシン派の流れに乗じて大がかりなデモを仕掛けたのが前述のステープ元副首相である。対抗して首相が解散に出た。

●プミポン国王の存在
ここでタクシン氏に並ぶキーパーソンを分析しよう。他ならぬプミポン国王だ。06年の軍クーデターで汚職に怒りながらも多数の支持を得ていたタクシン氏が追放された時に、なぜ世論調査で84%が「クーデターを支持する」と回答したのか。おそらく背後に国王の意思を見たからであろう マムート レディース アウター ジャケット【Mtr 201 Micro Softshell Jacket】Raspberry。

彼の人気はタイで絶大だ。何しろ在位68年目。現在の国王(または女王)や皇帝・天皇で並ぶ者はいない。歴史的にも非常に長い部類に属する。現役ではイギリスのエリザベス2世が61年目。故人では途中から憲法上の位置づけは変わるものの昭和天皇の在位64年である。なお確認できる主な国と地域での最長はフランスの「太陽王」ルイ14世の74年とみられる 【新入荷】エアーウォーク(AIR WALK)大き目リュック 33L A1510010 通勤 学生用 通学 中学 高校 スクール。

在位68年ということは戦後の大半がタイではプミポン国王だったとなる。その間も決して平穏ではなかった。1957年、71年、91年と2006年の4回もの軍事クーデターが起きている 。

57年クーデターで政権を握ったサリット首相は、開発独裁型の政治手法を取った点でタクシン首相と似るも、国王への対し方は正反対で国民の思慕を利用して自己の独裁を正当化したともいわれる。

サリットの友人で、彼の死後に長きにわたって政権を担当したタノム首相も似た政治手法を取り、民主化を求める市民デモと出身母体の軍がぶつかり合った。1973年の亡命はプミポン国王から責任を取れと言われたからともされている。76年の帰国でも反対デモが発生して警官隊ともみ合った。タノムもまた息子を権力ある地位に引き上げるなどネポティズムの色彩が強かった。

プミポン国王の「凄さ」は91年のクーデター直後にいかんなく発揮された。スントーン最高司令官らが軍事クーデターを決行して民政のチャチャイ政権を転覆させ、翌92年にスチンダ陸軍最高司令官を首相にしようとした際の騒乱である。民主化を求める市民の大規模なデモに発展し軍と衝突した。軍はデモ隊に発砲して44人が死亡。

国王は双方の代表格を招いて和解を促した。王の前にひざまずいた軍と政治家は謹んで承り騒乱は一気に沈静化、4カ月後に総選挙が無事に行われて文民政府が誕生した。この場面は世界中のテレビで報じられ、06年の一連の混乱過程でも2度ほどタイのテレビ局が放送した。

タイの政情は今まで揺れ続けており、その間ほぼ唯一揺らがなかった王座が結果的に解決の最終手段になってしまったともいえよう。

●「タイ式民主主義」の限界
だがこうした「タイ式民主主義」がいつまで通用するか。国王も高齢であり、タクシン追放のクーデター以来の政局にあからさまな関与をしていない。

タクシン追放劇は古風の極みである王政が、これまた古風なクーデターという手法を取って政権を追い払った軍を権威付け、その目的が「民主改革」だというのも実に奇妙な構図だった。これをタイ式の知恵と呼ぶか限界とみなすか意見が分かれるところである。強権に走る文民政治家を民主的でないとたしなめる国王と、その意をくんでクーデターで民主化の歯車を回そうとする軍。やはりどこか変わっている。と同時に無理もある。だからこそ何年経っても「タクシン派vs反タクシン派」のいがみ合いが続くのだ。

確かに無血クーデターではあった。用意も周到であったろう。ただ何か手順が一つでも違えば流血の惨事を招く危険な手法であるのは疑いない。「さすがタイ式」と無邪気にたたえるのは安易である。

しかも、おそらくもうこの手は使えない。軍が再び関与したら「民主化のため」と言い募っても強い批判から免れない。騒動のまっただなかの2013年12月5日、86歳の誕生日を迎えたプミポン国王は「国民は国家のために自らの職責を果たすべき」と語り、デモについてあれこれ言わなかった。この日はさすがに過激なステープ元副首相もデモを中止した。だが国王の意中は「そういうことではないだろう」ではなかろうか。「いつまでも私を頼らず、民主国家なのだから国民同士で定められたルールにのっとって粛々と進めなさい」との胸の内が言葉からうかがいしれるようだ。

※記事の内容は執筆者個人の見解であり、早稲田塾の公式見解ではありません。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-18631